Claudio Silvestrin

Claudio Silvestrin

1954年生まれのクラウディオ・シルヴェストリンはミラノのAAスクールで学び、ロンドンで教育修了後、英国建築協会で働いています。個人の住宅や商業施設のインテリア、アート・ギャラリー、住居などで日常的に使用されるオブジェ・物を使って空間を自由に演出する作風です。シルヴェストリーニのクライアントには、ジョルジョ・アルマーニ、イッリカッフェ、アニッシュ・カプール、カルヴァン・クライン、カッペリーニ、Poltrona Frau等がおり、フォンダツィオーネ・サンドレット・レ・レバウデンゴのためにはトリノに美術館を設計しました。 シルヴェストリンの「Birkhauser」における仕事については、フランコ・ベルトーニが本を著しています。 シンプルであっても極端に走ることはなく、コンテンポラリーでタイムレスなシルヴェストリンのデザインは、騒々しさや秩序の欠如に対する力強い反動として、単なるスタイルを越えた、ひとつの「ありかた」であるミニマリズムを追求しています。その仕事はノーブルであるとともに心地よく、理知的で分別に富み、光に満ちた静謐さを湛え、ディテールのひとつひとつが完璧に仕上げられています。クラウディオ・シリヴェストリンの誠実さ、平明な精神性、イマジネーション、ディテールへのこだわりは、エネルギッシュでミニマリストなデザインに表れています。シンプルではあっても極端に走ることはなく、コンテンポラリーであると同時にタイムレス、穏やかでありながらストイック、強いけれども威嚇するようなところがなく、さりげないのにエレガントなのです。