García Cumini

García Cumini

ガルシア・クミーニは2012年にイタリアのウーディネで、ヴィチェンテ・ガルシア・ヒメネスとチンツィア・クミーニによって、設計、製品、コミュニケーションにおける両者の経験をあわせもつ共同企業体として創設されました。異なるタイプのオブジェのデザインから、製品・企業プレゼンテーション用のアーティスティックな据え付けの企画とアート・ディレクションにまで及ぶ守備範囲の広いチームとして存在感をアピールしています。製品や企業が愛されるために必要な魅惑、情感、能力について、直観的かつ詩的な思考によって表現します。これに、機能性と品質が加わって、あらゆる製品やスペース、経験を唯一のものにしようという目的でガルシア・クミーニ・オフィスが展開するすべての活動の欠かせない一部となっています。 この哲学の基本になっているのは、美と生きる歓びを根本的価値とするイタリアとスペインという二つの文化の共有です。また、新しいテクノロジーの世界、芸術表現、社会や市場の趨勢に常に目を向けて、デザイナーとして、自身の作業に全面的に向き合おうとするいかにも地中海的な態度です。ガルシア・クミーニはまだ「若い」会社ですが、Agape、Cesar、Foscarini、Poltrona Frauをはじめ様々な業界の企業とのコラボレーションなどプロとしての豊かな経験をもとに創設されました。