Ross Lovegrove

Ross Lovegrove

ロス・ラブグローブは1980年にマンチェスター・メトロポリタン大学工業デザイン科を卒業し、その後、ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートで修士号を取得しました。ラブグローブは基本的に有機的な形態と構造にインスピレーションを得ています。最初はマンチェスター、次はロンドンと全てをイギリスで学びました。ドイツでフロッグデザイン、パリでノルインターナショナルのために働きました。ジャン・ヌーヴェル、フィリップ・スタルクと共に「Atelier de Nimes」の会員であり、国際的一流ブランドのコンサルタントを務めています。原初的でありながら同時に未来的なオブジェクトを特有の個性を散りばめて制作します。倫理的で環境に優しいデザインを特徴としており、アルテミデ社のために考案された街灯、ソーラーツリーがその顕著な例です。彼の作品の多くは、世界中の有名博物館に展示されています。