Yoshio Taniguchi

Yoshio Taniguchi

谷口吉生は多くの賞を受賞した日本の建築家です。慶応義塾大学工学部を卒業した後、1964年にハーバード大学デザイン大学院を卒業しました。1964年から1972年まで丹下健三建築研究所に勤め、近代日本建築への知識を深めます。この経験が後に無数のプロジェクトで生かされました。1975年に日本に自分の建築事務所を設立し、自国の学校や図書館などの公共施設の設計に取り組みながら建築家としてのキャリアを開始します。80年代には美術館設計における主役的存在の一人となりました。自ら設計に参加し、細部に至るまで管理出来るよう、仕事を厳選し、1度の僅かのプロジェクトしか手掛けないのが彼の仕事の特徴です。