Casa Alitalia

一般公開されているCasa Alitalia最初の2つのラウンジです。Poltrona FrauのContract部門は、建築家マルコ・ピーヴァ(Marco Pivaが手掛けた、ディテール、洗練された素材、エルゴノミクスに細かく気を配ったデザインのプロジェクトに、オーダーメイドならびにコレクションから家具・室内装飾を提供しました。ラウンジCasa Alitaliaは、最近の、イタリアを代表する航空会社の復活にとってのダイヤの輝きとも言えるのです。Poltrona Frau ContractとAlitaliaとのコラボレーションは、まず第一に、Pelle Frau®製カバーを使用した長距離便のビジネスクラスの座席の製造から始まりました。現在このパートナーシップはさらにパワーアップし、ローマミラノラウンジCasa Alitaliaの室内装飾を提供しています。刺激いっぱいのコラボレーションで、プロジェクトの発案から最終引き渡しまで、全ての段階においてPoltrona FrauとAlitaliaは共に歩んでまいりました。プリンシパルラウンジには、ジャン・マリー・マッソー(Jean-Marie Massaud)のひじ掛けいすArchibaldが。レストランとバーエリアには、MonteraGingerの両モデルのいすが、リラックスエリアには、ロベルト・ラッゼローニ(Roberto Lazzeroniが手掛けた、カーブデザインのMamy Blueが置かれています。全ての家具・室内装飾は暖色で心地よいものになっています。Pelle Frau®の96色のカラーバリエーションの中から、カリオカイエロー、シナモンブラウン、タバコカラー、レッドカーラント、ベージュが選ばれました。

Marco Piva
建築家

Marco Piva

メルマガに登録する

Poltrona Frauのコレクションや展示会、イベントなどに関するニュースを受け取る。.

有効なメールアドレスを入力してください