Finnish National Opera House

Poltrona Frau Contractは、フィンランドのヘルシンキ国立歌劇場の、1350席のメインホールの室内装飾を担当しています。歌劇場は、毎年20弱のオペラを合計140公演行い、約25万人が訪れます。フィンランド国立歌劇場の設計は、建築事務所HKPとTheatre PlanのデザイナーNeil Mortonによって手がけられました。デザインに関しては、歌劇場の歴史に敬意を払い、もともとあった空間の雰囲気をそのまま残すことに決められました。

HKP Architects
建築家

HKP Architects

メルマガに登録する

Poltrona Frauのコレクションや展示会、イベントなどに関するニュースを受け取る。.

有効なメールアドレスを入力してください