New World Symphony Orchestra

音楽教育とコンサート用のスペースとして考案されたこの建物は、マイアミの広大な公園の近くに位置し、ニュー・ワールド・シンフォニー・オーケストラの新しい演奏会場としても使用されています。コンプレックス全体の核となっているのは、演奏のための広々としたスペース。貝殻の形をした魅力的な壁面が、パフォーマンスの間、光やビデオ、映像との相互作用で際立ちます。Poltrona Frau Contractは、757からなる平土間席提供・設置を担当しました。 

Frank O. Gehry
建築家

Frank O. Gehry

メルマガに登録する

Poltrona Frauのコレクションや展示会、イベントなどに関するニュースを受け取る。.

有効なメールアドレスを入力してください