Fly_Air

 Progetto CMRが空港の待合スペースのために特別に考案された座席システム、アームチェア「Fly_Air」をデザインしました。Poltrona Frau Contractと共同で開発されたプロジェクトは、この分野においてこれまでにない革新的な製品になりました。人によって空間の過ごし方や旅の時間が異なる現代の乗客のニーズから生まれたFly_Airは、快適で機能的なデザインにスタイルにおける際立ったエレガンスが融合された空港用座席です。
特徴:塗装されたダイカストアルミニウム製脚で支えられたスチール製バーで形成された空港用座席「Fly_Air」の構造体は、長期耐久性を追求して考案されており、非常に頑丈です。座席のエレメント、サイドテーブル、肘掛は構造体に直接取り付けられています。空港用座席システム「FLY_AIR」は木製、複合ポリウレタン製、木材とレザー製、完全にレザーでコーティングされたバージョンのいずれかをお選び頂けます。ベースモデルのサイドテーブルやアームレストの位置を変えてパーソナライズすることも出来ます。

素材

FLY_AIR
Download gallery
2D
Progetto CMR
デザイナー

Progetto CMR

メルマガに登録する

Poltrona Frauのコレクションや展示会、イベントなどに関するニュースを受け取る。.

有効なメールアドレスを入力してください