メルマガに登録する。Poltrona Frauイベントなどに関するニュ。

Archibald Stool

Jean-Marie Massaud

Archibald Stool

Poltrona Frau のArchibald ファミリーは、スツールArchibald Stoolが新たに加わって、さらに成長し続けます。デザイナーの ジャン・マリー・マッソーは、ここでも、木製・金属製のベースにくっきりついたしるしが、Pelle Frau®またはファブリックで上張りされた座面の曲線的な心地よいフォルムで柔らかな雰囲気をまとうという、お気に入りの定番デザインに立ち返っています。こうして出来上がったのが、完璧なスタイルとさりげない魅力を併せ持ち 、コンテンポラリーな居住空間にも、ホテルなどおもてなしの空間にも、しっくりと合うプロダクトです。ミニテーブルBob Bistrotシリーズとの相性も抜群なスツールArchibald Stool は、さまざまなスタイルやインテリアにマッチして、クラシックな環境、現代的な環境のどちらにも、ソフィスティケートされたエレガンスなテイストを加えます。
スツール Archibald Stool の背面ボディーは金型成型硬性ポリウレタン製で、中のパッドは金型成型軟性ポリウレタンとポリエステル繊維綿製です。座面フレームはカバの積層板製で発泡ポリウレタンとポリエステル繊維綿のパッドが付いています。支持フレームが、座面フレームを支えて、ベースと結合させています。座面の上張りは全体がPelle Frau®またファブリック製です。スツールArchibald Stool のベースは、4本脚の木製で高さが2バージョンあるタイプ、または金属製のクラシックな一本軸タイプです。木製の4本脚タイプは、トネリコ心材にモカカラーまたはウェンゲーカラー仕上げが施された脚にステンレススチール製フットレストが付いています。フットレストの断面は長方形で、上面には単一方向ブラッシュ仕上げが、あとの3面には鏡面ポリッシュ仕上げが施されています。金属製ベースのバージョンでは、スチール軸は回転式で、ショックアブソーバー・タイプのガス式スプリングによって高さ調節が可能になっています。調節は座面右下のステンレススチール製レバーを使って行います。断面が長方形のステンレススチール製フットレストは外側に向かって細くなっています。設置部分のプレートはどのバージョンもスチール製です。 目に見えるスチール面は、単一方向のブラッシュ仕上げが施されたフットレストの上面以外は、すべて鏡面ポリッシュ仕上げが施されています。 "

仕上げ

    ダウンロード
    DWG
    DWG
    4.5 MB
    2021 Collection - Technical Catalogue
    PDF
    29.52 MB
    Take Your Time 2021 Collection
    PDF
    12.11 MB
    Archibald Stool
    Archibald Stool
    308.08 KB
    Jean-Marie Massaud
    デザイン:

    Jean-Marie Massaud

    メルマガに登録する

    Poltrona Frauのコレクションや展示会、イベントなどに関するニュースを受け取る。