メルマガに登録する。Poltrona Frauイベントなどに関するニュ。

Mesa Due

Lella & Massimo Vignelli

Mesa Due

Poltrona Frauはプロジェクト「Mesa」を通して興味深い哲学的な作品を制作しました:レッラ&マッシモ・ヴィニェッリによるオリジナルのデザインを元に実現された独創的な新作テーブルは、「Mesa Due」と命名されました。円と円錐という2つのシンプルな幾何学的形状を組み合わせることで、グラフィック的効果の強い、非常に個性的なテーブルを創り上げています。
スレート製天板とセレーナ石の支柱で構成されたテーブル「Mesa」に加え、より幅広い用途を提案するサイズの異なるモデル「Mesa Due」:直径150 cmまたは180㎝のビストロテーブルと長方形のテーブル(260x110 cm)が揃っています。
天板は木材、レザー、大理石まで数多くのバージョンからお選びいただけます。木製バージョンはトネリコ合板で化粧張りされ、ウェンゲーカラーまたはモカカラーに染色されています。直径120-150 cmの円形テーブルはPelle Frau® SCでコーティングすることも可能です。この場合、天板は周縁が丸く加工されたダブルパネルで形成されています。下面はテクスチャードブラックで塗装され、上面はレザーでコーティングされています。ビストロテーブル以外の全てのモデルは、光沢仕上げ、または半光沢仕上げの大理石製トップ(「Calacatta Oro」大理石または「Fior di Pesco」大理石)を取り付けることができます。
180 cmの円形テーブルには、直径の異なる2枚の円形トップから成る回転式天板「LazySusan」を取り付けることができます。 両天板の間にはスラストベアリングに取り付けられたアルミニウム製機構が搭載されています。

Mesa Dueのベースはグレーのセレーナ石、あるいはなめし皮Saddle Extra(ステッチは反対色)かPelle Frau® ColorSphere®(ステッチは同系色)でコーティングされたスチール製のいずれかのバージョンが可能です。スチール製ベースは内側の特殊なカウンターウェイトシステムによって安定性を維持することが出来ます。また床を保護する成形プラスチック製先端が付いています。天板と支柱の連結部はブラック塗装されたスチールパイプ製で、この上に天板を水平に保つための調節式サポートが付いたクロス式3本アームが挟まれています。長方形テーブの支柱は2本で、クロス式3本アームが備わっています。天板が大理石製の直径150-180 cmの円形テーブルのみ、クロス式5本アームで補強されています。
支柱が革張り/なめし皮張りタイプで、天板が木製またはPelle Frau®でコーティングされたテーブル「Mesa Due」は、購入時にお客様から特別に指定があれば、収納式電化小塔を搭載することが可能です。

仕上げ

    寸法
    TABLE Ø 120 WITH ASH TOP
    TABLE Ø 120 WITH ASH TOP
    TABLE Ø 150 WITH ASH TOP
    TABLE Ø 150 WITH ASH TOP
    TABLE Ø 120 WITH SC TOP
    TABLE Ø 150 WITH SC TOP
    TABLE Ø 150 WITH MARBLE TOP
    TABLE Ø 180 WITH MARBLE TOP
    TABLE LAZYSUSAN
    TABLE 260x110
    ダウンロード
    2D
    DWG
    4.03 MB
    HOME and NIGHT Collection – 2020
    PDF
    36.42 MB
    Take Your Time 2021 Collection
    PDF
    12.11 MB
    Mesa Due IT-EN
    Mesa Due IT-EN
    591.7 KB
    Lella & Massimo Vignelli
    デザイン:

    Lella & Massimo Vignelli

    メルマガに登録する

    Poltrona Frauのコレクションや展示会、イベントなどに関するニュースを受け取る。