Poltrona Frau Museum

Poltrona Frau Museum

作品が外の世界と出会う場所

ミッション

Poltrona Frauミュージアムは、一般に公開された民間の施設で、会社がこれまでたどってきた軌跡を守り、保存し、伝え、生かすことを目的としています。文化的なエンターテイメントと豊かさを持ち合わせた場所で、製品や原料、会社による通信に関する体験をすることが可能です。さらに、コレクションの利用を保証し、イタリアデザイン、イタリアの職人技の歴史的に関する共通の記憶を作り上げるほかに、会社の文化の認知を広めることにも貢献します。

ビジョン

このビジョンを定義するということは、Poltrona Frauミュージアムにとって、会社の持つ価値観に沿った活動の実現を通じて、ミュージアムが理想とするあり方を描くという決意と同じ意味を持っています。このミュージアムが、高級室内装飾デザインの分野における研究・調査にとっての一つの基準点となり、会社の経営・事業の歴史の発展や社会・文化的進化について広く知ってもらうよう積極的に働けることを切望しています。

  • Poltrona Frauミュージアム。

    ブランドの様々なカラーが、会社のたどってきた道へと迎え入れてくれます。

  • 回廊。

    アイコン的存在のVanity Fairが、時を超えたスペースへと導きます。

  • 素材と色。

    素材、道具、加工技術を通じたデジタルな行程。

  • 手の知恵。

    魅惑的な映像では、古くからあり注意深い動きが次々に行われるかのように様々な加工段階が描かれます。

  • たどってきた歴史。

    Michele De Lucchi(ミケーレ・デ・ルッキ)により計画された展示プランの歴史と文化。

  • 歴史。

    Poltrona Frauの100年を、グラフ、画像、アーカイブの資料を通して。

  • Contract部門。

    世界中で最も大きな劇場やホールを通してたどってきた道。

  • Interiors in Motion部門。

    最高の快適さとともに旅をする想像。

  • Leathership® 。

    Poltrona Frauの、選ばれし素材。

  • 読書室。

    建築やデザインに関する本のコレクションが、一般に公開されています。

  • https://s3.eu-west-1.amazonaws.com/openreply-poltronafrau/prod/poltronafrau/wysiwyg/01_2.jpg
  • https://s3.eu-west-1.amazonaws.com/openreply-poltronafrau/prod/poltronafrau/wysiwyg/02_2.jpg
  • https://s3.eu-west-1.amazonaws.com/openreply-poltronafrau/prod/poltronafrau/wysiwyg/03_1.jpg
  • https://s3.eu-west-1.amazonaws.com/openreply-poltronafrau/prod/poltronafrau/wysiwyg/04_1.jpg
  • https://s3.eu-west-1.amazonaws.com/openreply-poltronafrau/prod/poltronafrau/wysiwyg/05_1.jpg
  • https://s3.eu-west-1.amazonaws.com/openreply-poltronafrau/prod/poltronafrau/wysiwyg/07.jpg
  • https://s3.eu-west-1.amazonaws.com/openreply-poltronafrau/prod/poltronafrau/wysiwyg/09.jpg
  • https://s3.eu-west-1.amazonaws.com/openreply-poltronafrau/prod/poltronafrau/wysiwyg/10.jpg
  • https://s3.eu-west-1.amazonaws.com/openreply-poltronafrau/prod/poltronafrau/wysiwyg/11.jpg
  • https://s3.eu-west-1.amazonaws.com/openreply-poltronafrau/prod/poltronafrau/wysiwyg/12.jpg

  • 博物館の活動 クリエイティブな家族

    家族のためのクリエイティブなラボラトリーです。職人芸や原料の価値に対する感性を磨くことを目的としています。お父さんお母さん、子供、おじいさんおばあさん、孫、誰もが一緒にPoltrona Frauミュージアムを訪れ、見学の最後には、クリエイティブに物を作り、その日のミュージアムで一緒に過ごした時間の思い出として家に持ち帰ることができます。

  • 博物館の活動 ”カラフルレザー”。

    ミュージアム教育ラボラトリー 6~10歳 (前もって決められたカレンダーに従う) ラボラトリー「カラフルレザー」は、小学校の低中学年向けで、一つのプロジェクトを発展させるのに必要なアクティビティを理解するためのクリエイティブなプロセスを子供たちに学んでもらうことが目的です。自分のアイデアを実現させることにより、デザインの未知の世界との初めてのつながりを築くことができます。このアクティビティは、感情、表現、触覚的アプローチに基づいています。

  • 博物館の活動 “航海日誌。Poltrona Frauミュージアムの若きレポーター。

    ミュージアム教育ラボラトリー 10~13歳 (前もって決められたカレンダーに従う) このラボラトリーは、若い見学者たちの批判的能力を形成、刺激することを目標としています。自分の主観によってミュージアム見学体験から興味深い・感動的だと思う部分を拾い、その後も思い出として残る、自分だけの航海日誌の中に物語を作り上げることができます。

  • 博物館の活動 ミュージアムをこうやって伝える!

    ミュージアム教育ラボラトリー 14~18歳 (前もって決められたカレンダーに従う) このラボラトリーは、1900年代の広告の挿話についての知識を深めること、会社による良質な広告発表がどれだけ大事かを伝えることを目的としています。1910~20年から2000年台の最近の年まで、集めて展示されたグラフにフォーカスを当てて学んだのちに、子供たちには4、5人からなるグループに分かれてもらいます。それぞれのグループは、広告キャンペーンを作り、それをオフィシャルなソーシャルチャンネルでシェアすることができます。もっとも素敵なアイデアは賞が与えられ、会社によって実際に広告発表チャンネルで使用されます。

  • https://s3.eu-west-1.amazonaws.com/openreply-poltronafrau/prod/poltronafrau/wysiwyg/01_famiglie_creative.jpg
  • https://s3.eu-west-1.amazonaws.com/openreply-poltronafrau/prod/poltronafrau/wysiwyg/02_pelle-a-colori.jpg
  • https://s3.eu-west-1.amazonaws.com/openreply-poltronafrau/prod/poltronafrau/wysiwyg/03_giovani-reporter.jpg
  • https://s3.eu-west-1.amazonaws.com/openreply-poltronafrau/prod/poltronafrau/wysiwyg/04_come-ti-comunico-il-museo.jpg
見学予定を決めましょう
開館時間

火曜日 - 金曜日 15:30 - 19:30 - 土曜日 09:00 - 13:00、15:30 - 19:30

所在地

Via Cristoforo Colombo 62029 Tolentino (MC)

GENERAL INFORMATIONS

入場無料 - アクティビティプライスリスト - 無料オーディオガイド

  • icon description
  • icon description
  • icon description
  • icon description
  • icon description
  • icon description
  • icon description
  • icon description
  • icon description
当社のパートナー