Chester Line |ソファー

Renzo Frau

Chester の特徴的なラインと精巧な細工を全て揃えつつ、ここでは引き算効果で得られる格式張らないエレガンスを追求して、より軽やかな形で再提案いたしました。伝統のカピトンネは背面には残されていますが、ソファーのベースからは姿を消しました。金属製の脚はほとんど見えないようにして、座面の美しさを際立たせています。2人用ソファーは従来のモデルに比べ、クッションが1つでいっそう快適になっています。肘掛と背面がないエレメントにはサイドテーブルやFidelioランプなどの補足エレメントを追加して、より機能的で多彩なレイアウトをお楽しみいただけます。肘掛は両側、右側、左側の3タイプの選択が可能です。 

Chester Lineソファーの構造体には熟成させたブナ心材を使用しています。 座面、背面、肘掛のスプリングには、黄麻布ベルト上に手作業で縛ったバイコニカルスプリングを使用しています。背面と肘掛パッド材は手作業で成形された植物繊維です。座面クッションのパッド材には発泡ポリウレタン製固定用フレームを加えたダウンフェザーを使用しています。カバー材にはPelle Frau® を使用しており、さまざまなPoltrona Frauファブリックとの組み合わせが可能です。ダークウォルナットカラー塗装またはブラックラッカー仕上げを施したブナ製の定番球形バージョン、ダークウォルナットカラー塗装またはブラックラッカー仕上げを施したブナ製、高さ12センチのバージョン、ソファーの上張りとマッチングさせたレザーの上張りを施したブナ製バージョン、またはバーニッシュドブラッシュ仕上げのブレード状アルミニウム製バージョンがあります。 

再生

Chester Line |ソファー

Renzo Frau
ロード中です
ロード中です
選択を進める
The image shown may not match the selected configuration
コンセプトとデザイン

1912年にレンツォ・フラウ が発表して以来、 Poltrona Frau のエクセレンスを象徴する存在となっているChester は、そのタイムレスなエレガンスによって、何世代にもわたり、数十年の歴史を超えて、インテリア史に輝く真のアイコンとなっています。 Chester Line は、その自然な進化形として、現代の暮らしのニーズの変化に合わせて、より軽やかに、更新されてきました。  

彫刻的な存在感を持つクラシックなソファーは、分解され、増加されて、5つのエレメント(肘掛なしのシェーズ・ロングとアームチェア、プーフ、コーナー用ソファーエンディング2つ)で構成された本格的なモジュール式ソファーに生まれ変わりました。このChester Lineコレクションには、このほかに肘掛付きのタイプと肘掛なしのタイプがある、 2つの カーブ型ソファーがあり、単独で使用してうねるような線を演出したり、直線とマッチングさせたりして、さまざまな組み合わせが可能です。 

デザイン:
Renzo Frau
カバー材と仕上げ