Chester | ソファー

Renzo Frau

ソファー「Chester」には熟成させたブナ材を使用した構造体上の黄麻布ベルトに手作業で固定されたスチール製バイコニカルスプリングが備わっています。座面のパッド材はゴム引馬毛、背面と肘掛のパッド材は手作業で成形された植物繊維です。座面クッションにはダウンフェザーを使用しています。脚には球状タイプまたは長いタイプの2通りのバージョンがあり、素材はダークウォールナットカラーに染色されたブナ材またはブラックラッカー仕上げのブナ材です。革張り木製バージョンもあります。 

Chester | ソファー

Renzo Frau
ロード中です
ロード中です
PROCEED WITH SELECTION
The image shown may not match the selected configuration

ソファーモデル

脚 / キャスター

張り地

コンセプトとデザイン
ソファー「Chester」はレンツォ・フラウが1912年の最初のカタログのためにイギリスの当時のクラブやカントリーハウスで流行っていたソファーやアームチェアに着想を得て再現したエドワード王朝時代の古典的なモデルを彷彿させます。当時からPoltrona Frauブランドのアイコンだった「Chester」は、全て手作業で実現された表面全体を装飾する豪奢なカピトンネ細工と、これを締めくくる肘掛のプリーツで有名です。 
デザイン:
Renzo Frau
カバー材と仕上げ

寸法
専門家
当該分野の専門家が入手可能な資料

2d dwg / 3D dwg
3ds