Downtown | オフィスチェア

Jean-Marie Massaud

アームチェア「Downtown」には5種類のモデル:PresidentExecutiveManagerialMeetingVisitorが揃っています。カバー材はトーンオントーンまたはコントラストの効いたステッチで装飾されたPelle Frau®です。背肘掛、クッションの内面にマイクロパーフォレート加工が施されたバージョンもあります。柱脚は光沢仕上げまたはブラックカラー塗装のアルミニウム製で、PresidentExecutiveManagerialMeetingはどんなタイプの床にも適応するソフトストッパー付き「W」型タイヤが付いた5本スポーク式です。Visitorバージョンはプラスチック製回転グライドが付いた4本スポークベースです。他のバージョンでもご要望に応じて回転クライドを装備することは可能です。アームチェア「Downtown」は座面右下のレバーを上に引いて高さを調節し、チェア自体を回転されることが出来ます。PresidentExecutiveManagerialの背もたれと座面にはスイング機構「Syncron」が搭載されていますので、アームチェアは体のラインに容易にフィットし、身体の動きに適応して最高のコンフォートを保証することが出来ます。アームチェアには4位置にロック出来るメカニズムが搭載されています。Downtown Meetingにはスラスト軸受が備わっていますので、チェア自体を回転させることが出来ます。Downtown Visitorはスラスト軸受によってアームチェア自体が回転し、自然に最初の位置に戻るオートリターン機構を搭載しています。

Downtown | オフィスチェア

Jean-Marie Massaud
ロード中です
ロード中です
選択を進める
画像はイメージです。天然素材の特性上、実際の仕上がりや模様は異なる場合があります

モデル

ベース

脚 / キャスター

張り地

コンセプトとデザイン

熟練、エレガント、不朽・・・「Downtown」はコンフォートと洗練されたエレガンスを追求する贅沢なデシジョンメーカーのためのアームチェアです。シルエットのように見えるハイテクシートは高品質を保証するためにPoltrona Frauの職人達によって手作業で制作されました。美しい彫刻以上のアームチェア「Downtown」はジャン・マリー・マッソーの独特で官能的な作品です。

デザイン:
Jean-Marie Massaud
カバー材と仕上げ