DUO | キャビネット

Roberto Lazzeroni

キャビネットDUOハイキャビネットローキャビネットのバージョンでご用意できます。構造体はトネリコ心材にさまざまな仕上げを施したものですが、コンテナ部分は天然クルミ材天然クルミ材の寄せ木、またはエボニー仕上げとなっています。内部はカエデ材仕上げです。ハンドルは金属に塗装を施し、濃淡加工ブロンズ仕上げとなっています。キャビネットDUOのトップは大理石裏面塗装を施したガラス、あるいは構造体と同じ仕上げを施したトネリコの化粧板です。脚にはどのような設置面でも安定させるための調整可能なレベラーがついています。さらにハイキャビネットDUOの内側に(ご希望に応じて)レザーの張地を使用した内部ドロワー仕切りトレイが付いています。ローキャビネットは中央部分のヴォイドがドロワーを入れることもできるバスケット仕様ですが、ご希望に応じて、ボトルホルダーを取り付けることも可能です。キャビネットDUOは、ハイバージョンとローバージョンともに、中の物が良く見えるように開いた際に点灯するLEDライトを取り付けることができます。

DUO | キャビネット

Roberto Lazzeroni
ロード中です
ロード中です
選択を進める
The image shown may not match the selected configuration
コンセプトとデザイン

Poltrona FrauCeccotti CollezioniDUO Collectionのために連携しました。すなわち、この2つのブランドはデザイン過程の共有を通じてシナジー効果を追究いたします。イタリア式の”甘い生活(ドルチェ・ヴィータ)”にインスパイアされた、同コレクションのアイテムは、リヴィングルーム用の柔らかなフォームのラグジュアリーなキルティング仕様の家具高級木製家具です。いずれもデザインはロベルト・ラッゼローニ氏。ロマンチシズムとタイムレスな魅惑という、メイド・イン・イタリーの素晴らしいアート2つがここに凝縮されています。これらのオブジェは、時代を超えたレトロなエレガンスに満ちて、過去と現在、思い出と革新とを物語ってくれます。

デザイン:
Roberto Lazzeroni

ロベルト・ラッゼローニはピサ生れ。フィレンツェで学んだ美術と建築、それに形成期に強い関心を寄せたコンセプチュアル・アートとラディカル・デザインが、プロとしての歩みに結びついています。80年代初頭に、「インテリア建築」の分野で一連の大きな仕事をしてプロとしてのデビューを飾り、イタリア内外の雑誌に取り上げられるようになります。ロベルト・ラッゼローニのプロとしての歩みは非常にダイナミックで、現在の時点で振り返ってみると、ビッグネームとのコラボレーション、アート・ディレクション、世界各地でのインテリア・プロジェクト、請負プロジェクトなど、複数の分野に積極的に関わっていることがわかります。また、ラッゼローニは、Tecniques Discretes (パリ、1991年)、コンラン財団美術館(ロンドン、1992年)、エレガント・テクニック (シカゴ、1992年)、ファッブリカ・エスティティカ(パリ、1993年)、ホテルから船まで(ジェノヴァ、1993年)、家具を作る(ミラノ、1999年)をはじめ、輝かしい受賞歴を誇っています。

カバー材と仕上げ

寸法
全て表示する
ダウンロード

professionals duo cabinet 3ddwg
obj
fbx
max
skp
3ds
professionals duo cabinet 2ddwg