DUO | テーブル

Roberto Lazzeroni

チェッコッティ・コレッツィオーニの長方形と円形のダイニングテーブル、デュオ、すっきりとしたラインと緩やかなカーブが特徴的な、フォルムに対するミニマリストのアプローチを体現しています。アッシュ無垢材で作られたしっかりとしたベースは、DUOサイドテーブルのスタイルとデザインからインスピレーションを得ています。たとえば、脚は大きな板で構成されており、斜めに丸い断面を持ち、クロス形状の真鍮パーツで接合されています。ベースは長方形の大理石の天板を支えています。

DUO | テーブル

Roberto Lazzeroni
ロード中です
ロード中です
選択を進める
コンセプトとデザイン

Poltrona FrauとCeccotti CollezioniがDUO Collectionのために連携契約を締結しました。すなわち、この2つのブランドはデザイン過程の共有を通じてシナジー効果を追究いたします。イタリア式の”甘い生活(ドルチェ・ヴィータ)”にインスパイアされた、同コレクションのアイテムは、リヴィングルーム用の丸みを帯びたフォームのラグジュアリーなキルティング仕様の家具と高級木製家具です。いずれもデザインはロベルト・ラッゼローニ。ロマンチシズムとタイムレスな魅惑という、メイド・イン・イタリーの素晴らしいアート2つがここに凝縮されています。これらのオブジェは、時代を超えたレトロなエレガンスに満ちて、過去と現在、思い出と革新とを物語ってくれます。

デザイン:
Roberto Lazzeroni

ロベルト・ラッゼローニはピサ生れ。フィレンツェで学んだ美術と建築、それに形成期に強い関心を寄せたコンセプチュアル・アートとラディカル・デザインが、プロとしての歩みに結びついています。80年代初頭に、「インテリア建築」の分野で一連の大きな仕事をしてプロとしてのデビューを飾り、イタリア内外の雑誌に取り上げられるようになります。ロベルト・ラッゼローニのプロとしての歩みは非常にダイナミックで、現在の時点で振り返ってみると、ビッグネームとのコラボレーション、アート・ディレクション、世界各地でのインテリア・プロジェクト、請負プロジェクトなど、複数の分野に積極的に関わっていることがわかります。また、ラッゼローニは、Tecniques Discretes (パリ、1991年)、コンラン財団美術館(ロンドン、1992年)、エレガント・テクニック (シカゴ、1992年)、ファッブリカ・エスティティカ(パリ、1993年)、ホテルから船まで(ジェノヴァ、1993年)、家具を作る(ミラノ、1999年)をはじめ、輝かしい受賞歴を誇っています。

カバー材と仕上げ
寸法
全て表示する
ダウンロード