Let it Be | ソファー

Ludovica Serafini + Roberto Palomba

「Let it Be」は無限のレイアウトが可能なモジュール式家具システムです。モジュール式ソファーは棚や収納ケースを組み合わせて機能性を更に多彩にすることが出来ます。構造体と羽毛の柔らかなクッションはなめし皮のバンド上にぶら下がっているように見えます。コーナーから後退した思いがけない場所に配置された脚によって、座面が空間に浮いているような感覚を与えます。精巧なディテールがピュアなデザインの中に溶け込んでいます。レザーとなめし革にあしらわれたステッチが馬具や装飾品の贅沢な細工を彷彿させます。

構造体とクッションのカバー材はPelle Frau®で、ファブリックも使われています。あるいはPelle Frau®またはファブリックと組み合わせたなめし革バージョンもあります。棚と肘掛または背面のトップはなめし革でコーティングされています。ブラック塗装スチールのジョイント要素が付いたアルミニウムダイカストのフレーム。発泡ポリウレタン及びポリウレタン繊維綿のパッディングが挿入された背面とアームレストの構造体にはポプラ材とカバの積層板を使用しています。座面のスプリング材は伸縮性バンドのメッシュで作られています。座面クッションのパッド材はダウンフェザーとポリエステルパッドです。鋳造アルミニウムの脚には2種類の高さがあり、ルテニウム仕上げ、またはバーニッシュドグラナイト仕上げになっています。

Let it Be | ソファー

Ludovica Serafini + Roberto Palomba
ロード中です
ロード中です
選択を進める
The image shown may not match the selected configuration
コンセプトとデザイン

ビートルズの名曲から着想を得たソファー「Let it Be」は、既にその名前からあらゆる形式や因習から解放されたリラックスと心地よさという哲学を表現しています。ルドヴィカ&ロベルト・パロンバのプロジェクトは、ちょっと横になったり、食事をしたり、談笑したり、のんびり過ごす場所だった古代ローマの食堂にまで遡る非常に古い観念を取り入れ、再現しています。まさにこの用途の自由こそが、設備の整った家庭の避難場所、自身のリズムに合わせて生活出来る多目的空間として考案されたこのソファーの基本原理なのです。

デザイン:
Ludovica Serafini + Roberto Palomba

ルドヴィカ&ロベルト・パロンバはミラノ在住の建築家で、同市を拠点に活躍しています。1994年にパロンバ・セラフィーニ・アッソチアーティ社を設立しました。作品の質の高さが彼らのトレードマークにもなっています。世界中の建築や展示会を設計・デザインして、有名ブランドとのコラボレーションを実施したり、アート・ディレクションを担当したりして、パロンバのデザインによるアイテムの多くはいまだに制作が継続されています。金のコンパス賞、『エル・デコ』国際デザイン賞、レッド・ドット賞、デザイン・プラス賞、グッド・デザイン賞、ドイツ・デザイン賞など、輝かしい受賞歴を誇っています。「私たちの目的は、たとえ時には当初思い描いたのとは違う形になることがあったとしても、選ぶ人と共に生きるようなスペースやアイテムを創り出すことです。私たちが創り出したものを、他の人たちが心から自分のものとして所有してくださっている、そう確信できるかどうかが、私たちにとっての成功の基準です。良いデザインというものは一種の集合的想像力の中にすでに存在しており、私たちの仕事はこうした無意識のニーズを個として実現すること、想像に形を与え、世界に送り出してやることだ、と思うのです。ですから、無数の見知らぬ人々に選ばれることになるアイテムは、ひと目見たときから驚くほど親しみを感じるような仕上がりになります。まさに青天のへきれき、ひと目ぼれです。「目にも明らか」なのです。チョイス、テイスト…情熱。私たちの作品にそのすべてがはっきりと現れています。ですから私たちの仕事――リサーチ、開発、デザイン――のすべてが「目にも明らか」という表現に集約されます」ルドヴィカ&ロベルト・パロンバは、現在、建築、契約、インテリア、ヨットなどの重要プロジェクトを展開中です。

カバー材と仕上げ