Othello | 長方形テーブル

Roberto Lazzeroni

モカカラーまたはウェンゲーカラーに染色されたトネリコ心材の支柱には幾何学的な彫刻のようなインパクトがあります。それとは対照的に、天板は円形のバージョンも長方形のバージョンも柔らかな曲線を帯びています。「Othello」シリーズのテーブルの際立った特徴は、断面が三角だったり、角が尖っていたりする木の構造で、台の周辺に沿ったダイアモンド型の細工がその好例です。 Poltrona Frau は天板には材料には2種類のバージョンを選びました。半透明で軽やかなダークグレーのクリスタルを使ったバージョンは、支柱の堅固の構築性を際立たせます。特に高級な「フィオール・ディ・ペスコ」大理石を使ったバージョンは、自然光で見ると半透明の部分がほとんど透き通って見えるぐらいで、繊細で豊かな肌理が目を引きつけます。このほかに、やはり高級な「カルカッタ・オーロ」大理石を使ったバージョンもあります。「Othello」シリーズのテーブルのうち、クリスタル製のものにはブラッシュステンレスチール製のスペーサーが見えるように付いています。大理石バージョンは、ポリッシュ仕上げまたはセミマット仕上げを施されており、天板の下側表面は耐久性を保証するテクニカルメッシュで補強されています。天板はHPL高圧ラミネート化粧板のアンダートップに支えられています。

Othello | 長方形テーブル

Roberto Lazzeroni
ロード中です
ロード中です
PROCEED WITH SELECTION
The image shown may not match the selected configuration

天板

仕上げ

コンセプトとデザイン
テーブル「Othello」シリーズはピュアで自然な素材の出会いから生まれました。匠のわざを駆使して細工された木を石やガラスと組合わせると、その魅力はどんな装飾も余分に感じられるほどです。「Othello」コレクションで、ロベルト・ラッゼローニは50年代、60年代のイタリアンデザインの厳密な構築力に立ち返っています。
デザイン:
Roberto Lazzeroni
カバー材と仕上げ
寸法
専門家
当該分野の専門家が入手可能な資料

3ds
fbx
professionals othello rectangular table max
instructions
obj
2d dwg / 3D dwg