Rome | アームチェア

Odile Decq

Rome2005」は19世紀の芸術とデザインを彷彿させるアームチェアです。オディール・ディックがデザインしたハイテクでシンプルなこのアームチェアはダイナミックなラインが特徴的な極めてモダンな外見によって、どの時代の建築または様式にもマッチし、その空間を輝かせます。

特徴

並列に設置する2人掛けベンチ型アームチェア。アームチェア「Rome2005」の構造体は成型スチール製板金で形成されています。背面後部の構造体内部には引き出し式メモ台とランプを取り付けるためのハウジングがあります。金属製フレームは全てエポキシ粉末塗装が施されています。座部は非変形ポリウレタンのパッド材が適切に施されたブナ製積層板のボードで構成されています。カバー材はColor SystemのPelle Frau®、ファブリック、ビロードで、伝統的なイス張り手法によって完全に手作業で仕上げられています。

デザイン:
Odile Decq

パリ政治学院にて計画開発のマスターコースを修了した後、1980年にフランスの首都に建築事務所「ODBC」を開設しました。パートナーは1998年に交通事故による非業の死を遂げたブノワ・コルネットでした。インテリアデザイン、建築、都市計画の多くのプロジェクトを手掛けます。1988年、建築事務所が設計したレンヌの銀行Banque Populaire de l'Ouestの2つの建物がコンテストで優勝します。ピーター・ライスと共同で開発されたプロジェクトは国内外の無数の賞を受賞しました。オディール・ディックのその他の作品で有名なのはナンテールの高速道路A14の高架橋と管理センターです。

専門家

产品: 詳しい情報はお問い合わせください

お問合せ下さい

あなたのリクエストをお知らせください。最善の答えをお返しします

 

アカウント

建築家またはデザイナーですか?

業界専門家専用の会員エリアに登録し、あなたの仕事を支援する全ての技術的資料をダウンロードしましょう