Squash | アームチェア

Faye Toogood

ゆったりとした心地よいフォルムのアームチェア「Squash」は、Polimex®製の固い芯をフレームに、取り外し可能なFrau®レザーやレザーとファブリックの組み合わせたカバーで覆われた大きくて柔らかいクッションがコーディネートされています。本体と脚には軽くパッドが入っており、心地いい感触を楽しめます。ベースの脚は革張りです。シートのクッションとアームレストは、ポリエステルと密度の異なるウレタン製で、より快適な座り心地を提供します。チェアのベースはカバノキ合板製です。

アームチェアSquash のデザイナーがおすすめするカラーコンビネーションは、クリーム、セージ、ブルー、ブラウンです。

Squash | アームチェア

Faye Toogood
ロード中です
ロード中です
選択を進める
The image shown may not match the selected configuration

張り地 1 - 外側

張り地 2 - 内側

コンセプトとデザイン

柔らかさ、大胆さ、そして面白さがひとつのコレクションに -英国人デザイナー、フェイ・トゥーグッドがデザインした「Squash」は、その遊び心と色っぽさを感じさせる名前からも分かるように、柔らかく力強いデザインアプローチが表現されている自由気ままさが多くの人を魅了しています。ひと目見ただけで、最高の座り心地を実感できるコレクションとなっています。力強く大胆でありながら、同時に優しく安心感を与えてくれるフォルムが、柔らかさと硬さを併せ持つ異なる素材と出会いました。有機的なラインとソフトな張り地が、フォーマルな家具の固定観念を覆します。イギリスのフォークソングの要素を再解釈し、1970年代らしさと融合しました。Squashは、シンプルで現代風のエレガンスを提案しており、単体でも、他のインテリアアイテムと組み合わせても楽しめる唯一無二のアイテムです。

デザイン:
Faye Toogood

Faye Toogoodは、インテリアデザイン、ホームウェア、ファインアート、ファッションを包括する英国のデザイナーであり、単一の専門分野や定義された作業方法に縛られることを拒否しています。 Fayeはブリストル大学で美術史を学び、2008年にロンドンに拠点を置くデザインスタジオToogoodを設立する前の8年間、The World of Interiorsのインテリア編集者を務めました。 それ以来、彼女はデザインおよびアート業界で最も知られた人物の1人となり、ヴィクトリア&アルバート博物館ロンドン、NGVメルボルン、フィラデルフィア美術館、コーニングガラス博物館ニューヨーク、サンクトペテルブルクのファベルジェ博物館を含む世界中の博物館によって展示され、収集された作品です。

Fayeはイギリスの田舎で育ちました。カササギの本能と風景への執着心は、放棄された頭蓋骨から鋳造された青銅のドアハンドル、干し草のかたまりにインスパイアされたファッションコレクション、または英国の空の暗いパレットを持つ家のインテリアなど、彼女がデザインするすべてに浸透しています。 Toogoodは、家具デザインの芸術に独特の彫刻的アプローチをもたらし、 'Spade'チェアや 'Roly-Poly'チェアなどの作品は、その強固な幾何学と形状によって象徴的なステータスを獲得しています。 彼女自身を「アウトサイダー」と表現し、自身の仕事が分類に挑戦していると説明するFayeは、ジャンル間の移動を可能にするスタジオを作成しました。建築家、彫刻家、家具職人、イラストレーターが、各プロジェクトで交差し、厳密で詩的で本当に前衛的な作品を生み出しています。

カバー材と仕上げ