The Secret Garden | アームチェア

Roberto Lazzeroni

アウトドア空間でのリラックスしたひと時やパーティーに理想的なアームチェア。家具職人によって創り出された包み込むような波打つフォルムを持つ、精巧なクラフトマンシップから生まれた、チーク心材の屋外用家具です。2人掛けのソファと高さを押さえたテーブルと合わせることで、インフォーマルな雰囲気のダイニングエリアを創り出します。背面は、エクリュとトープの2色を使ったコットンバンドによる独特の編み目構造でできており、使い勝手の良い、取外し可能なカバー付きの屋外用クッションをしっかりと支えています。座り心地をさらに向上させたい場合には、背面部をサポートする正方形と長方形のバックレストクッションもご用意しています。パッドはすべて、水はけを良くし素早く乾くように考えられています。このアームチェアは、Poltrona Frau Boundless Living Outdoor Collections(アウトドア・コレクション)を構成する、ロベルト・ラッゼローニによってデザインされたアウトドア・コレクションThe Secret Gardenの一点です。The Secret GardenアームチェアFSC® 100%認定されています。

The Secret Garden | アームチェア

Roberto Lazzeroni
ロード中です
ロード中です
選択を進める
画像はイメージです。天然素材の特性上、実際の仕上がりや模様は異なる場合があります

背もたれ

脚 / キャスター

張り地

コンセプトとデザイン

居住空間に境界線を引かず、流れるように屋外空間で生活すること。Solariaは、Poltrona FrauBoundless Living Outdoor Collections(アウトドア・コレクション)を構成するコレクションのひとつです。地中海文化独特のデザインとライフスタイルからインスピレーションを受けた当コレクションが、住居や公共空間の庭園、ベランダ、パティオ、ルーフトップ、テラスを始め、ヨットや船舶のデッキに至るまで、そのラウンジ空間を巧みに飾ります。 

ルドヴィカ+ロベルト・パロンバがデザインしたコレクションの特徴は、ハイブリッドな言語で屋内と屋外に多様なシーンを創り出す、シンプルな組合せを使ったゆったりとしたボリューム感です。水平に広がるアイランドソファが、バリヤーのない軽やか快適な空間を創り出します。  Solariaは、2人または3人掛けの屋外用ソファとその他たくさんのモジュールパーツ、および肘掛付きタイプと肘掛のないタイプの2つのバージョンのある、高いクラフトマンシップから生まれた屋外用アームチェアと、正方形と長方形をした2つの屋外用ローテーブルで構成されています。パーティーのひと時にもリラックスした豊かなひと時にもぴったりの、多目的なオープンスペースを整えるのに最適なコレクションです。

洗練されたテイストで、すっきりとしたラインの屋外用家具は、広々とクッションを使った柔らかな素材でできた座面と「満」と「空」を交互に織りなす手編みの横糸が特徴で、物質を精神化し、総体として空間を感じさせるコレクションとなっています。使用されている素材は、ステンレススチール、ロープ、ファブリック製クッションの3つだけです。すべて簡単に取り外したり、再び組み合わせることができ、横並びにしたり、アイランド式に組み合わせたり、自由に構成することが可能です。

デザイン:
Roberto Lazzeroni

ロベルト・ラッゼローニはピサ生れ。フィレンツェで学んだ美術と建築、それに形成期に強い関心を寄せたコンセプチュアル・アートとラディカル・デザインが、プロとしての歩みに結びついています。80年代初頭に、「インテリア建築」の分野で一連の大きな仕事をしてプロとしてのデビューを飾り、イタリア内外の雑誌に取り上げられるようになります。ロベルト・ラッゼローニのプロとしての歩みは非常にダイナミックで、現在の時点で振り返ってみると、ビッグネームとのコラボレーション、アート・ディレクション、世界各地でのインテリア・プロジェクト、請負プロジェクトなど、複数の分野に積極的に関わっていることがわかります。また、ラッゼローニは、Tecniques Discretes (パリ、1991年)、コンラン財団美術館(ロンドン、1992年)、エレガント・テクニック (シカゴ、1992年)、ファッブリカ・エスティティカ(パリ、1993年)、ホテルから船まで(ジェノヴァ、1993年)、家具を作る(ミラノ、1999年)をはじめ、輝かしい受賞歴を誇っています。

カバー材と仕上げ

寸法
全て表示する
専門家

fbx
2d dwg / 3D dwg
3ds
max
obj