Volare | ベッド

Roberto Lazzeroni

ベッド「Volare」の四柱式構造は断面が三角形のモカカラー仕上げのトネリコ心材で、上に行くに従って次第に薄く、細くなっています。ベッドフレームはユリノキ材で、ヘッドボード同様Cuoio Saddle ExtraまたはPelle Frau®で完全に覆われています。ヘッドボードはブナ心材で、内部にカバ積層板とハードボードパネルの充填材が入っています。ポリエステル繊維綿と綿ファブリックを使用したボリューム感のある柔らかなクッションは、2本のレザーベルトでヘッドボードに固定されています。ヘッドボード前面のガンメタルカラー仕上げ金属製アイレットに通されているベルトは、同じくガンメタルカラー仕上げのボタンで裏側から固定されています。ボタンにはPoltrona Frauのロゴが入っています。クッションのカバー材はPelle Frau®またはファブリックで、レザーパイピングで仕上げられています。

Volare | ベッド

Roberto Lazzeroni
ロード中です
ロード中です
PROCEED WITH SELECTION
The image shown may not match the selected configuration

pf_dimensionepianiriposodoppio

張り地 1 - 外側

張り地 2 - 内側

コンセプトとデザイン

ロベルト・ラッザローニが古典的な四柱式ベッドの軽やかで優美なバージョン「Volare」をデザインしました。豪華な細工と天然素材が光る一方で、正確なデザインが計算された控え目なスタイルの大規模な構造を創り上げています。部屋の中央で、広い空間で、ベッド「Volare」はコンフォートと休息の完璧なオアシスになります。配色、パッド、レザーとなめし革、木とファブリックが温かく快いベッドです。

デザイン:
Roberto Lazzeroni
カバー材と仕上げ

寸法
専門家
当該分野の専門家が入手可能な資料

obj
professionals volare bed max
2d dwg / 3D dwg
fbx
instructions