Adam D. Tihany

Adam D. Tihany

ルーマニア生まれ、イスラエル育ちのアダム・D・ティハニーは今日、世界屈指のホスピタリティデザイナーとして知られています。洗練された、しばしば革新的な彼の作品は多文化のユニークな視点の賜物です。ティハニーはミラノ工科大学で建築と都市計画の学位を修得した後、ヨーロッパの一流スタジオの幾つかで修行を積み、その後ニューヨークに渡りました。ここで1976年にあらゆる観点からデザインを網羅する多専門的アプローチを特徴とする自身のスタジオ、「Tihany Design」を開設しました。商業スペースや住居の内装から家具や製品のデザイン、展覧会から展示会まであらゆるプロジェクトを手掛けています。ティハニーは世界中の複数の大学で講義や講演を行っており、ライフスタイル、旅行、デザインの国際的雑誌に頻繁に寄稿しています。2011年にはアートディレクターの肩書でカリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカのニューヨーク校をリニューアルしました。