Angeletti Ruzza Design

Angeletti Ruzza Design

ダニエーレ&シルヴァーナは1994年からインダストリアルデザインの仕事をしてきました。GUZZINIと組んで設計に取り組んで数々のコレクションを成功させ、デザイン・プラス賞やグッド・デザイン賞に輝いています。その仕事ぶりは時代と共に多様化し、特にバスルームのデザインを手掛けるようになりました。FANTINI、FLAMINIA、AZZURRA、GRAFF、TEUCO、GEDY、IRSAP、HARSA等の企業とコラボレーションし、バスルームのインテリアデザインに新風を吹き込んで、デザイン・プラス賞、レッド・ドット・アワード、グッド・デザイン賞の他、デザイン・プライス賞の各分野にノミネートされるなどしています。「さまざまな領域」に関心を持って研究を重ね、CASSINAのNEMO、POLTRONA FRAU、FIAM、ALIVAR、OLUCE、Da a、BRILLIANT、My Home Colecction等のために作品を提供してきました。 最近ではGELやHOTPOINT/INDESIT、ILLYとエレクトロニクス製品のデザイン開発にも取り組み始めています。その作品はデザイン美術館の常設コレクションにも収蔵されています。 設計活動に加えて、クリエーティブ・ディレクターとしても活動を開始。2005年にはGSIと活動を開始して、2006年にはAdi Indexカタログに入賞。2007年以降はAzzurra Ceramicaと組んで、2014年までの間、バスルーム環境で新しい言語の導入を特徴とする実り多い企画を展開しました。デザイン業務に加えて、ローマのヨーロッパ・デザイン学院(IED)とアスコリ・ピチェーノ大学での教育活動も大切にしています。またルレヴィラ・ダッシオをはじめ、個人住宅のインテリアデザインも手掛けています。