Davide Chiaverini and Jalal al Najjar

Davide Chiaverini and Jalal al Najjar

ダヴィデ・キアヴェリーニ&ジャラル・アル・ナジャルは建築の真髄を表現することへの熱意と献身を共有しており、それが今日までの彼らの成功の原動力となっています。彼らはクライアントへのサービスを向上するための方法を常に模索し続けています。アル・ナジャルは1992年に名門ロンドン・デザイン大学の建築・インテリアデザイン科を卒表した後、家族の会社のために多数の内装を手掛け、建築家としてのキャリアを開始しました。2002年8月にバーレーンにPADを設立し、多くの住居及び商業施設のプロジェクトを担当しました。その多くは国際レベルの雑誌や印刷物で紹介されています。ダヴィデは1994年にローマ「ラ・サピエンツァ」大学建築学部のインテリアデザイン及びヨットデザイン科を卒業しました。居住空間、店舗、会社の改修プロジェクトを数多く手掛けながら建築家としてのキャリアを開始しました。その後、2000年9月にローマを離れてバーレーンに定住し、この地でイギリスの数多くの大手建築会社及びインテリアデザイン会社にコンサルティングサービスを提供しており、王室のためのプロジェクトにも参加しています。