Marco Piva

Marco Piva

建築、製品、インテリアデザインにおける数々の作品を通して、感動的で機能的な流れるような表現を定義しました。素材と技術の研究、差別化の価値、プロジェクトの革新に対する尽力が「Studiodada Associati」の設立に繋がり、ここで制作された製品はラジカルデザイン時代の代表作となりました。80年代に「Studio Marco Piva」を開設し、建築プロジェクトからインテリアプランニング、工業デザインに至るまで活動範囲を拡大しました。デザイナー以前に旅人であり、スタイルの自由な設計ソリューションを研究して創り上げます。オブジェクトには感情と新しい象徴主義が詰まっており、色彩がそれどれの主知主義と不変動性を対比させます。建築とインテリアデザインの無数の作品を手掛けました。