Oscar Niemeyer

Oscar Niemeyer

オスカー・ニーマイヤーは鉄筋コンクリートの建設的で表現豊かな可能性を模索したパイオニアとして20世紀を代表する世界的建築家の一人と見なされており、何年間もル・コルビュジエと共に仕事をしていました。建築における功利主義の擁護者でしたが、彼の作品にはポストモダニズムの評論家がしばしば批判する「ブロックの冷たさ」がありません。彼が設計する建物にはダイナミックな形状と非常に官能的な曲線が使用されており、愛好者の多くは彼を建築家というより、モニュメントの彫刻家と見なしています。時には彼のこの様式的コードを欠陥と批判する評論家もいます。オスカー・ニーマイヤーと彼のブラジリアの都市建設への貢献は1964年のジャン・ポール・ベルモンド主演のフランス映画『リオの男』」の中でパロディー化されて描かれました。1988年にプリツカー賞を受賞しました。