Patrick Norguet

Patrick Norguet

フランスのデザイナー。モードの世界と親交が深く、Lous Vuitton、Lanvin、Guerlain、Christian Diorなどとのコラボレーションに携わり、ESDIデザイン学校に学び、その工業デザインのコンセプトの特徴となる素材とさまざまな製作技術・プロセスへの深い知識を身につけました。2000年に自らのデザイン・スタジオを設立し、今日では工業/インテリア・デザインの仕事に携わって、Van CleefとRenaultの展示会ブースを手がけています。ノルゲは2005年には「デザイナー・オブ・ジ・イヤー」にノミネートされ、国際的には「フレンチ・タッチ」で知られる世代に属しており、カッペリーニがセオリーを展開してきた、モードとデザインの結びつきをさらに押し進め、シンプルでありながら革新性に富む作品を追求して、モードとデザインの両分野で際立った作品を発表してきました。Lancel、Cappellini、Poltrona Frau,Flaminia,Frighetto,Molteni&C,Gebruder Thonet Vienna,Maxdesign,Modus,Artifort,Bernhardt等の企業のために、好んで感情と直感に基づいて作業し、もの」をその置かれたコンテクストとの関わりでとらえ、一風変わった角度で見つめています。 ニューヨークの近代美術館をはじめ、数々の有名美術館・博物館に作品が収蔵されています。