Archibald | ソファー

Jean-Marie Massaud

Archibaldソファは張地にPelle Frau®レザーを使用したバージョンと取り外し可能なファブリックを使用したバージョンがあり、レザー・バージョンにはコントラストを効かせたステッチが、ファブリック・バージョンにはトーン・オン・トーンのステッチが施されています。フレームはスチール製で、パッド材は発泡ポリウレタン製です。特に快適さが求められる箇所にはポリエステル繊維綿が挿入されています。ベースは鋳造アルミニウム製の4本の脚とスチールチューブ製のフレームで、仕上げには複数のバージョンがあります。スプリングには伸縮性のベルトが使用されています。

Archibald | ソファー

Jean-Marie Massaud
ロード中です
ロード中です
PROCEED WITH SELECTION
画像はイメージです。天然素材の特性上、実際の仕上がりや模様は異なる場合があります

ソファー寸法

脚 / キャスター

張り地

コンセプトとデザイン

デザイナーのジャン・マリー・マッソーはArchibaldによって、素材とフォルムの完全な結びつきに成功しています。Archibaldシリーズは心地よく包み込んでくれるような座面を持ち、くつろいだ物思いの時へと誘ってくれます。Archibaldは座面のゆったりとした深さとバランスをとるように、脚部は華奢な作りで、全体で敏捷で軽やかなイメージとなっています。Archibaldシリーズの張地は、縦のラインが軽快な動きを生み出す一方で、洗練されたエレガンスを漂わせるトーン・オン・トーンまたはコントラストを効かせたステッチが張地の外面と縁に沿った装飾になっています。

デザイン:
Jean-Marie Massaud

1966年にトゥールーズ(フランス)で生まれたジャン・マリー・マッソーは、1990年にパリのENSCI(国立高等工業デザイン学院)を卒業しました。アジアとフランスでキャリアをスタートし、1994年に自らのオフィスをパリに開設しました。以来、工業デザインと家具のデザインに力を注ぎ、Authentic、Baccarat、Magis等の有名企業と仕事をしてきました。マッソーは、マーク・ベルチェとのコラボレーションや都市計画分野での活動によって、デザインと建築の融合に関心を持つようになりました。そのデザイン活動は、工業製品から家具まで幅広い分野に及びます。本質的なものを追求するアプローチをとりながら、その関心の中心にあるのはあくまで「個人」であり、感覚、魅惑、生きた感情を探究する作風によって、Cassina、Poltrone Frau、Cappellini、Cacharel、Lancôme、Tronconi、Yamaha Offshoreなど、さまざまな企業と提携しています。
 マッソーは数々の受賞歴を誇り、そのデザイン作品は、アムステルダム、シカゴ、ロンドン、パリ、チューリッヒなど世界の名だたる美術館・博物館のデザイン・コレクションに収蔵されています(パリ国立近代美術館、チューリッヒ・デザイン美術館、シカゴ・アセニアム、アムステルダム市立美術館、パリ装飾美術館)。

カバー材と仕上げ

寸法
全て表示する
専門家
当該分野の専門家が入手可能な資料

professionals archibald sofa 2ddwg
fbx
professionals archibald sofa 3ddwg
3ds
professionals archibald sofa max
obj
skp