Fidelio | ローキャビネット

Roberto Lazzeroni

コレクションには「Low Cabinet」、「High Cabinet」、「バーキャビネット Fidelio」が含まれています。構造体はトネリコ心材で、外側にはモカカラーのトネリコ材で化粧張りされたカバの積層材が使用されています。内側はエキストラクリアカラー天然ポプラで明るく仕上げられています。扉は化粧張りされたカバ/ポプラの積層板で、「Low Cabinet Fidelio」の内側はモカカラーに染色されたトネリコ材、「High Cabinet Fidelio」の内側はエキストラクリアカラー天然ポプラのコンポジットパネルで形成されています。扉はモカカラーに染色されたトネリコ心材で縁取りされています。天板にはモカカラーのトネリコ材、「カルカッタ・オーロ」大理石と「フィオール・ディ・ペスコ」大理石(いずれも光沢仕上げまたは半光沢仕上げが可能)、「エンペラドール・ルチド」大理石のいずれかの素材をお選び頂けます。イーゼル風ベースはモカカラーに染色された縁の断面が三角形のトネリコ心材で、軽やかな視覚効果を際立たせています。両サイド、扉、中の引き出し、オプショナルで家具裏面は高級カバー材のなめし革SaddleまたはSaddle Extraで覆われています。トーンオントーンまたはコントラストの効いたステッチをお選び頂けます。「バーキャビネット Fidelio」は扉を開けた際にLed照明システムが点灯するようになっています。 キャビネットの奥の壁は2枚のブロンズ色のミラーで覆われています。ボトル収納トレー、グラス用クリスタル製棚板、小物用トレーはSaddle Extraまたはなめし革Saddleでコーティングされています。

Fidelio | ローキャビネット

Roberto Lazzeroni
ロード中です
ロード中です
PROCEED WITH SELECTION
画像はイメージです。天然素材の特性上、実際の仕上がりや模様は異なる場合があります

プレート

張り地

ステッチ

コンセプトとデザイン

ロベルト・ラッゼローニは「Fidelio」シリーズ のデザインに当たり、敢えて高級素材を組み合わせたシンプルなデザインを選びました:クリーンな形状と洗練された仕上げが特徴のコレクションは、Poltrona Frauの他の全ての家具と簡単に組み合わせることが出来ます。文字通り表面に図案を描く、ハンドルレスドアなどの機能的なディテールが非常に個性的な美的要素になっています。外観の特徴であるなめし革と木材のダークカラーのぬくもりと、棚板に使用されているエキストラクリアカラー天然ポプラの非常に明るい色調のコントラストも鮮烈な印象を与えます。

デザイン:
Roberto Lazzeroni
カバー材と仕上げ

寸法
専門家
当該分野の専門家が入手可能な資料

2d dwg / 3D dwg
instructions
fbx
professionals fidelio low cabinet max
obj