Peek-a-Book | デスク

Roberto Lazzeroni

ベース構造は、断面が三角形のモカカラーまたはウェンゲーカラーのトネリコ心材製の架台で作られており、これが凝った木工細工の連結具で繋がれた台形の3辺を形成しています。ドローワー2段の前面は、天板の上張りにマッチングするPelle Frau®で上張りされた中密度繊維板製で、内部構造はウェンゲーカラーのトネリコ心材で形成されています。天板、ドローワーの前面、側板、後部スペースへのアクセスドアは、Pelle Frau® ColorSphere で上張りされています。

天板の上張りは、特殊なカバー技術を使って、ステッチが全く見えないように仕上げられています。

 

「Peek-a-Book」では、中央のドローワー2段の後ろにサイドドア2枚が付いた隠しスペースがあります。このスペースはケーブル配線用にあらかじめ配置されているもので、マルチソケットやSchukoタイプのプラグ、USBなどの収納に使用できます。

また、棚板のレザー製上張りの下にスマートフォンの充電装置を取り付けることも可能で、熱刻印されたロゴが場所の目印になっています。

再生

Peek-a-Book | デスク

Roberto Lazzeroni
ロード中です
ロード中です
PROCEED WITH SELECTION
画像はイメージです。天然素材の特性上、実際の仕上がりや模様は異なる場合があります

仕上げ

張り地

コンセプトとデザイン

ロベルト・ラッゼローニのデザインによるデスク「Peek-a-Book」は、Poltrona Frauのオフィス製品を特長づけるエレガンスとコンフォートの全てをご家庭にもたらします。ラッゼローニがイメージしているのは、ゆったりとした天板を使用したサイズ展開であり、オフィス用の「本物」のデスクの機能性を100%維持したまま、自身の家庭用コレクションの素材、熱意、表現法と連関して発達していけるようなデザインです。

デスク「Peek-a-Book」は、Pelle Frau®で上張りしたシンプルなセイヨウハコヤナギの積層板をたわめ、2つに折り曲げて、2段のドローワーが付いた、底部と物を書くためのデスク面を形成しています。レザー装丁の貴重本のようなこの視覚効果は、デスクの機能自体の象徴ともいえます。つまり、デスクとは、事実、アイディア、思考、思い出を生み出し、集積するための場所であり、学ぶ者、働く者にとってもっともプライベートで個人的な場所なのです。

デザイン:
Roberto Lazzeroni
カバー材と仕上げ

寸法
専門家
当該分野の専門家が入手可能な資料

3ds
fbx
obj
professionals peek a book desk max
2d dwg / 3D dwg