Alvisi Kirimoto Architects

Alvisi Kirimoto Architects

10年間に渡ってレンツォ・ピアノ、マッシミリアーノ・フクサス、オスカー・ニーマイヤー等の国際的建築家とコラボレーションした後、マッシモ・アルヴィージと桐本潤子は2002年に設計建築事務所「Alvisi Kirimoto + Partners」を設立する決意をしました。2008年にはアレッサンドラ・スピエツィアとアラベッラ・ロッカがパートナーとして加わり、同設計事務所はエンジニアリング会社になりました。同事務所は12人のスタッフで形成されており、ここ数年間はローマの保育園、市民センター、図書館のためのコンペ「Meno è più 4」で勝利、設計コンペ「Piccole Stazioni Ferroviarie」で入賞、マドリッドのオリンピック立候補のためのカヤック用運河計画コンペで入賞、現在建設中のコラート市民劇場(バーリ)の改装・修復計画国際コンペで勝利するなど、数々の業績を収めています。