Paola Navone

Paola Navone

トリノ生れ、ミラノ育ちのパオラ・ヴァポーネは1978年に大学の建築学部を卒業し、70年代から80年代にかけてアレッサンドロ・メンディーニ、エットレ・ソットサス、アンドレア・ブランツィとともにアルキーミア(Alchimia)グループに参加しました。また、同時期にアベット・ラミナーティとの長く実り多いコラボレーションが開始されました。1985~88年には、UNIDO国際連合工業開発機関と世界銀行の顧問としてフィリピンとインドネシアのために働きました。建築家、デザイナー、アート・ディレクター、インテリア・デザイナーとしてのパオラ・ナヴォーネは東洋と西洋のはざまに存在するさまざまな文化やデザイン、クラフトマンシップに対する大いなる好奇心を原動力としています。現在は、Armani Casa、Knoll International、Alessi、Driade、 Piazza Sempione、Casamilano、Molteni、Poliform、Gervasoninado等、世界に冠たる多種多様な数々の企業とコラボレートを展開し、Gervasoni社のアート・ディレクターも務めています。2000年に高名なドイツの雑誌『Architektur & Wohnen』によって「デザイナー・オブ・ジ・イヤー」に選ばれました。