Paolo Pininfarina

Paolo Pininfarina

Società社は1930年にピニンファリーナによって創業されました。1947年にクーペ「Cisitalia」がニューヨーク近代美術館(MOMA)に収蔵されました。1952年にはFerrari社とのコラボレーション関係が生まれます。1972年には、当時のイタリア第一号、世界でもまだ数少なかった自然縮尺の「Galleria del Vento(風洞)」が創られました。1986年にプロダクト・デザイン専門をはっきりとうたったグループの関連会社Pininfarina Extra社が創設されました。90年代には新しい研究用プロトタイプが造られました。その多くがエネルギー/環境問題にのソリューションを目指したものでしたが、中でGM社の「Chronos」のシートはPoltrona Frauが担当しました。デザインと製作業者のコラボレーションから、Ferrari 512 TR、456 GT 2+2、Peugeot 「306 Cabriolet」、Ferrari 「F355 Berlinetta」、「F355 Spider&F50」、Alfa Romeo「Spider&GTV」、Ferrari 「550 Maranello&456M」、Peugeot「406 Coupé&Berlina」、Ferrari「360 Modena&Spider」等が生まれました。