Bennetts Associates

Bennetts Associates

ロンドンとエディンバラにオフィスを構える「Bennetts Associates」は、様々な分野で展開された設計プロジェクトの品質とサステナビリティによってイギリスでも定評ある流設計建築事務所のひとつに数えられています。チームの多大な倫理的・組織的尽力によって築かれたアプローチのおかげで100を超える受賞歴に輝いています。受賞作品にはロンドンの「ミント・ホテル・タワー」と「ニュー・ストリート・スクェア 」、「ロイヤル・シェイクスピア・シアターとスワン・シアター」の改修プロジェクト、ヘルスケアの「Suttie Centre for Teaching and Learning」、「エリザベスIIコート」、エディンバラ大学の「Potterrow Development」、ヒースローの「ビジターセンターなど、ヨーロッパ各地で実現された設計プロジェクトが含まれています。同建築設計事務所は1987年にラブ・ベネットが妻デニスと共に設立しました。どのプロジェクトにもラブ・ベネット自身がスタジオの他の建築家達と共に参加し、積極的な役割を果たしています。2003年には建築への貢献が称えられ、大英帝国勲章を授与されました。英国グリーンビルディング・カウンシル(UKGBC)のメンバーで、デザイン・カウンシルの理事とサドラーズウェルズ劇場のディレクターも務めています。