Bologna Airport

Poltrona Frau Contractは、ボローニャG・マルコーニ空港乗客ターミナルの改善・拡張プロジェクトを実施しました。Poltrona Frau Contractは、発注者と常に密接に連絡を取りながら、全ての待ち合いラウンジを実現するために、約200のいすを提供・設置しました。今日、空港での待ち時間は旅行体験の重要な部分を担っています。それゆえ、あらゆるニーズへの対応が求められています。プライバシーか交流か、リラックスするか対話を楽しむか、、最高レベルのコンフォートを満足させられる提案が要求されます。Poltrona Frau Contractの具体的な仕事に関しては、いすNubiのパーソナライズ版での提供が特徴的です。構造部分は木の積層板製、背もたれはセイヨウハコヤナギ製で、特性はその万能性です。提供されたNubiモジュールは、実際、ダイナミックな構図を生かした独特な配置が可能です。搭乗に最も近い待ち合いエリアには、いす Fly_Air Airport Seatingが選ばれました。2013年末にマーケットに発表された製品で、ボローニャ空港に設置されたものが第一号です。これらのいすの設置作業は、通常の乗客の流れを妨げることなく行われました。綿密に組み立てられた作業手順によって空港は通常操業の続行が可能だったのです。

メルマガに登録する

Poltrona Frauのコレクションや展示会、イベントなどに関するニュースを受け取る。.

Please insert a valid email address