West End

デザイナー、ピエロ・リッソーニは角に丸みを持たせたシンプルでピュアなラインを駆使してエルゴノミクスも考慮したミニアームチェア「West End」をデザインしました。結果としてエレガントなミニマリストに絶対的なコンフォートが融合されたアームチェアが誕生しました。
特徴:ファブリックで上張りされたアームチェア「West End」はスチール、MDF、ブナ心材の一体構造で形成されています。最高のコンフォートを保証するために「West End」には耐火性発砲ポリウレタンのパッド材と伸縮性バンドのメッシュで作られたスプリング材が使用されています。カウンターウェイト式座自動反転システムによって、座面は緩やかに静かに起立位置に戻ります。ミニアームチェア「West End」は床に固定されたスチール製(ブラックカラーのエポキシ塗装仕上げ)ベースの上に置かれています。
バリエーション:快適で耐久性に優れたファブリック、または環境に優しい製法で製造されたレザーから成る素材リストから様々なカバー材を選ぶことが出来ます。使用素材についてはデザイナー、建築家、注文者でサンプルを見ながら相談して決めることが出来ます。

素材

Download gallery
ZIP
100.46 KB
DWG
ZIP
676.92 KB
DXF
ZIP
679.77 KB
Piero Lissoni
デザイナー

Piero Lissoni

メルマガに登録する

Poltrona Frauのコレクションや展示会、イベントなどに関するニュースを受け取る。.

Please insert a valid email address