Fratelli Achille e Pier Giacomo Castiglioni

Fratelli Achille e Pier Giacomo Castiglioni

ピエール・ジャコモ・カスティリオーニは1913年ミラノ生れ。1937年にミラノ工科大学建築学科を卒業しました。卒業後、ルイージ・カッチャ・ドミニオーニと弟のリヴィオと共同で仕事をはじめ、1939年にふたりとともにプラスチック素材による最初のラジオ装置を創り上げました。終戦直後に弟アキーレと密接な協力関係を開始しました。両人とも都市工学、建築、デザインに関心を持ち、特にインダストリアル・デザインを中心にコンベンション、コンフェレンス、円卓会議等の国際的な文化活動に積極的に参加して、広範かつ積極的な専門活動を繰り広げました。1956年にはADIイタリアンインダストリアル・デザイン協会の創設者に名を連ねています。ピエール・ジャコモ・カスティリオーニは、さまざな興味から、教育の分野にも取り組むようになり、1958~1968年には、ミラノ公開大学の建築学科で「建築学」の教官を務めています。金のコンパス賞(5回受賞)、ミラノ・トリエンナーレ・グランプリ等、数々の受賞歴を誇り、数々のコンクールで優勝を収めたほか、ニューヨーク近代美術館をはじめ世界中の美術館に作品が収蔵されています。照明とインテリア・デザインの分野における作品だけでなく、舞台美術の仕事でも国際的な名声を得ています。1968年にミラノで逝去。アキッレ・カスティリオーニは1918年ミラノ生れ。1944年ミラノ工科大学建築学科卒業。1940年から兄のリヴィオ、ピエル・ジャコモとともに工業製品の実験に取り組みました。終戦直後にピエール・ジャコモとの密接な協力関係を開始しました。両人ともに都市工学、デザインに関心が深く(総合的設計の行程を創り上げることを目的として、フォルム、テクニック、新素材の研究活動を展開)、特にインダストリアル・デザインを中心にコンベンション、コンフェレンス、円卓会議等の国際的な文化活動に積極的に参加して、広範かつ積極的に専門的活動を繰り広げました。1956年にはADIイタリアンインダストリアル・デザイン協会の創設者のひとりとして名を連ねています。さまざまな興味から、ピエール・ジャコモ・カスティリオーニは、教育の分野にも取り組むようになり、1969~1993年には、トリノ工科大学、続いてミラノ工科大学の建築学科で「インダストリアル・デザイン」の教官を務めました。金のコンパス賞(9回)、ミラノ・トリエンナーレ・グランプリ等数々の受賞歴を誇り、あまたの国際コンクールで優勝したほか、ロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・アーツのロイヤル・デザイン科名誉会員、ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アート名誉学院、ミラノ工科大学インダストリアル・デザイン名誉学位等の資格を授与されているほか、ニューヨーク近代美術館(MOMA)に14点等、世界中の美術館の常設コレクションに作品が収蔵されています。1984 ~ 1986年にはウィーンを皮切りにヨーロッパ各地の主要美術館で個人作品展が実施されました。また、1995年には「プリマヴェーラ・デル・デザイン」賞受賞に際して、 バルセロナで企画された個人作品展が1998年までかけて世界中で開催されました。照明とインテリア・デザインの分野における作品だけでなく、舞台美術の仕事でも世界的な評価を得ています。2002年、ミラノで逝去しました。