Teatro Nazionale Milano

ミラノにて、歴史的建造物である国立劇場に対し、全体の修築作業が行われました。古い骨格の中からは、1922年製のオリジナルのファサードが保管され、その他の部分は全て現代的に再検討されました。先進的な技術と、現代的なデザインとが融合されたのです。Poltrona Frau Contractは、ピエロ・リッソーニデザインのひじ掛けいすの展開・制作、また、壁紙、カーテン、床の提供・設置を担当しました。  

Piero Lissoni
建築家

Piero Lissoni

メルマガに登録する

Poltrona Frauのコレクションや展示会、イベントなどに関するニュースを受け取る。.

有効なメールアドレスを入力してください