Luigi Massoni and 967

Luigi Massoni and 967

1930年ミラノ生れのデザイナー、チェルメナーテ(コモ県)を拠点に活躍しています。1954年にデザインの仕事をはじめました。1972年以降、A&D社の社長として建築と工業デザインを担当しています。Poltrona Frau(1967年以来)、Fratelli Guizzini(1964年以来)、Nazareno Gabrielli(1969年以来)、Gallotti & Radice (1969年以来)など多くのクライアント企業をコラボレーションを展開してきました。1962年以来、『Forme』誌の編集者兼プランナーを務めています。セルジオ・マッツァ。1931年ミラノ生れの建築家。1961年以来、ジュリア―ナ・グラミーニャと共に家具・工業デザインの分野で活躍しています。Artemide社の照明「Delta」が金のコンパス賞に推奨されるなど、輝かしい受賞歴を誇っています。自らが創刊した『Ottagono』誌の主幹を1988年まで務めました。 ジュリア―ナ・グラミーニャ。1929年ミラノ生れの建築家。1961年以降、セルジオ・マッツァと共に家具・工業デザインの分野で活躍しています。1988年まで『Ottagono』誌の編集者を務めました。1961年にCedit-Piastrella d’oroコンクール優勝、第13回・14回ミラノ・トリエンナーレで表彰。Artemide、Bacci、Bellotti、Cinova、Gabbianelli、Krupp Italia、Olivari Quattrifoglio、そしてもちろんPoltrona Frauなど、数多くの企業のためにデザインを提供しています。